【備忘】MySQL入れて最初に設定したこと

恥ずかしいことに今までMySQLを利用したことがなく、先日はじめて利用しました。

その際、最初に設定したことを備忘のため残しておきます。

文字コードの設定

デフォルトのままだと”latin1″という文字コードが含まれており、日本語が文字化けするので文字コードを”UTF-8“に変更します。

文字コードの確認はMySQLにログインし、”show variables like ‘%char%’;“と入力します。

設定ファイルを編集し、文字コードを変更します。

/etc/my.cnf“を編集して、”character-set-server = utf8 “を追加すればOKです。

設定ファイルを編集したら、MySQLを再起動して再度文字コードを確認。

文字コードが”latin1“だったところが、”utf8“に変更されていればOKです。

各設定値の意味は以下のとおりです。(公式サイトより引用)

character_set_client

クライアントから到達するステートメントの文字セット

character_set_connection

文字セットイントロデューサを持たないリテラル用、および数字から文字列への変換用に使用される文字セット

character_set_database

デフォルトデータベースで使用される文字セット

character_set_filesystem

ファイルシステムの文字セット

character_set_results

結果セットやエラーメッセージなどのクエリー結果をクライアントに返すために使用される文字セット

character_set_server

サーバーのデフォルト文字セット

character_set_system

識別子を格納するためにサーバーで使用される文字セット

character_sets_dir

文字セットがインストールされているディレクトリ

 

う~ん、イマイチ理解しきれていませんがこれは追々理解することにします。
MySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル :: 5.1.4 サーバーシステム変数

 

rootユーザのパスワード設定

初期設定のままだと、rootユーザにパスワードが設定されいないので、パスワードを設定します。

 

MySQLにルートユーザでログイン

「mysql」データベースへ接続

パスワードを変更

設定を反映

パスワードの設定が完了したらログアウトし、再度rootユーザでログインしてみる。

パスワードを求められるようになっていればOKです。

 

ユーザを追加する

さすがにずっとrootユーザで作業するわけにはいかないので、新たにユーザを追加します。

rootユーザでログインし、作業用ユーザを追加します。

追加したユーザでログインできればOKです。